■ ScreenShake.aex

効果

アニメちっくな画面動を行います。

画面動の大きさをキーフレームで変化できます。
必要なしと判断したので、開発終了です。

用途

AfterEffectsで画面動を行う場合、位置かアンカーポイントをアニメーションさせることで行います。
でも、強弱の変化やランダムさの指定は面倒なので、このプラグインを作成しました。

オプション

上下(px) 上下方向のゆれ幅の最大値
左右(px) 左右方向のゆれ幅の最大値
ランダム(%) ランダムさの指定。0で最小100で最大になります。
でも、あんまり見た目は変わりませんT_T
また、ランダムさはフレームを考慮していないので、レンダリングされるたびにゆれ幅は変わります。
方向 反転する 上下のゆれの方向を逆にする。

アルゴリズム

Step.1
移動する上下方向をフレーム数から決める。(方向オプションで逆になる)
Step.2
上下方向のゆれ幅を決める(ランダムさも考慮)
Step.3
移動する左右方向をランダムに決める。
Step.4
左右方向のゆれ幅を決める(ランダムさも考慮)
Step.5
決めたパラメータで画像をシフト。
以上のことから判るとおり、このフィルタは上下画面動に最適化されています。
左右方向の数値を増やしてもあんまり激しい動きになりません。画面動のゆれ方向を指定したい場合は、 "ScreenShakeDir.aex"を使用してください。

その他

SDKのバージョンは5.5。
このフィルタはなるべく使わないように。今後はScreenShakeDir.aexがメインになります。<br>

更新・修正履歴

v1.2 とりあえず作る
v1.3 SDKを5.5へアップ。オプションの綴り間違いを直した。もう打ち止め。

-index-