TouchDrawStraght

効果


タッチ線を描画します。
指定した境界線(色・明るさ・アルファー)を識別して、そこからランダムな平行線を描画します。
TouchDrawStraght01.png

用途

これもタッチ線が簡単にできます。

オプション


TouchDrawStraght02.png

RandomSeed 乱数の初期値を指定。これを液糖に動かすと粒子の位置がランダムに動きます。
vakue(%) 粒子が発生する量を%で指定
Target/Mode 始点を識別するモードを選ぶ
TouchDraw03.png
Color 色で検出
BrightnessDelta 明るさの変化点で検出
AlphaDelta アルファーの変化点で検出
Target/Color Mode::Color時の指定色
Target/Delta_Range Mode::BrightnessDelta/AlphaDelta時の検出レベル
Target/Color_Range Mode::Color時の色検出レベル
Rot 線の描画方向
Inside_Length 描画線の長さ。パーセント
Inside_Length_Rand 描画線の長さのランダムさ
Outside_Length 反対方向の描画線の長さ。パーセント
Outside_Length_Rand 反対方向の描画線の長さのランダムさ
Color 線の色
Opacity 粒子の不透明度
Opacity_random 粒子の不透明度のばらつきを指定
Point_Count 発生点で描画される線の数を指定
Point_Length 発生点で描画される線の散らばり具合をピクセルで指定
Block_Value 始点の検出時にマスクされブロックの数
Block_Size 始点の検出時にマスクされブロックの大きさ
Blend with original ONで元の画像も描画します。