Star

効果

俗にいうクロスフィルタです。

Star02.png

用途

普通のクロスフィルタです。

注意点として、描画速度を稼ぐため画面の輝度から2ピクセルの境界線を検出しそこだけにクロスを描画しています。
つまり、8ピクセル以上の大きさの点に対しては奇妙な形のクロスになります。
かなり気になるので、8ピクセル以上の点にはかけないようにするか、ブロックディゾブル等の1ピクセルの穴が開けられるエフェクトで処理した後のこのフィルタを適用させてください。

オプション


Star01.png

length(%) クロスの長さ。下のLineパラメータで指定されたピクセルに対してのパーセント値です。
String(%) クロスの濃さ。下のLineパラメータで指定された濃度に対してのパーセント値です。
Rot クロスの回転。
Color::Kind 色決めの方法を指定します。
Star03.png

A To B中心色が下で指定したColorAで始まりColorBで終わる
B To A中心色が下で指定したColorBで始まりColorAで終わる
A OnlyColorAのみ
B OnlyColorBのみ
Screen画面の色を拾って描画します。
Color::ColorA/Color::ColorB 色の指定
Color::Color Border(%) A to Bの色の変化の中間を指定します。
Line ? Length ラインのピクセル単位の長さ。
Line1は0/180度の線、Line2は45/225度の線、Line3は90/270度の線、Line4は135/315度の線です。
傾きはLine ? Rotのパラメータで変更できます。
Line ? Strong ラインの濃さ。
Line ? Rot ラインの方向